ブログ更新情報

2014年10月23日

食文化の変化で味覚確認できないこどもが増えている

野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 08:45:50.33 ID:???0.net
「甘み」や「苦み」などの味覚について、およそ350人の子どもを対象に東京医科歯科大学の 
研究グループが調べたところ、基本となる4つの味覚のいずれかを認識できなかった子どもが 
全体の30%余りを占めたことが分かりました。 
研究グループは味覚の低下は食生活の乱れや生活習慣病につながるおそれがあるとして、 
子どもたちの味覚を育てることが必要だと話しています。 
 
調査を行ったのは、東京医科歯科大学の植野正之准教授の研究グループです。 
研究グループは、おととし、埼玉県内の小学1年生から中学3年生までの349人を対象に 
「甘み」や「苦み」など基本となる4つの味覚を認識できるかどうか調査を行いました。 
その結果、「酸味」を認識できなかった子どもは全体の21%で、「塩味」は14%、 
「甘味」と「苦み」については6%の子どもが分からないと答えました。 
また、いずれかの味覚を認識できなかった子どもは107人と全体の31%を占めました。 
研究グループによりますと、味覚を認識できなかった子どもはジュースを毎日飲んでいたり、 
野菜の摂取が少なかったりしたほか、ファストフードなどの加工食品を好む傾向も見られたということです。 
調査を行った東京医科歯科大学の植野准教授は、原因ははっきりしないものの味の濃いものを好むことが 
味覚の低下につながっている可能性もあるとしたうえで、「味覚が認識できなくなるとさらに味の濃い食品を 
好んだり食事の量が増えたりするため、食生活の乱れや生活習慣病につながるおそれがある。 
子どものたちの味覚を育てることが必要だ」と話しています。 
 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141020/K10055266811_1410200542_1410200625_01.jpg ;
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141020/k10015526681000.html 


ネタ元/【調査】30%余の子ども 味覚認識できず…ジュース毎日飲む、野菜が少ない、ファストフード好む傾向も
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1413762350/

続きを読む


posted by シュエットシヤン at 11:57| Comment(0) | 食文化まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

みんなが大人になってから美味しさに気づいた野菜

名無しさん 2012/06/08(金)23:12:06 ID:SeJ/ZD1AR
春菊。
しゃぶしゃぶで春菊ばっかり食ってる。 


ネタ元/大人になってから美味さに気づく野菜
http://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/yasai/1339164726/

続きを読む
posted by シュエットシヤン at 19:00| Comment(0) | 食文化まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

体にいいときくコーヒー、飲み過ぎには要注意。

幽斎 ★ 2014/09/26(金) 09:42:53.85 ID:???.net
お医者さんが教える、コーヒーのウソ・ホント 
http://news.livedoor.com/article/detail/9290059/ ;
 
「一日の始まりは一杯のコーヒーから」という方も多いのでしょうか。 
本日は、お医者さんが教える、コーヒーのウソ・ホントをお教えします。 
 
薬のような働きをもつコーヒー。飲み過ぎには要注意。 
コーヒーには実にさまざまな作用があり、それはまるで薬といっても過言ではありません。 
ただし薬には、主作用と副作用があるのをご存知かと思います。つまり、コーヒーにもこのような側面がある、ということです。 
 
特徴1:カフェインが含まれている。 
カフェインはアルカロイドと呼ばれる、生物がもつある種の毒とも薬ともなる物質。 
目を覚ます、熱を下げる、痛みをとる……などの作用があります。その他、胃散を分泌させるので、 
肉料理など消化に時間のかかる食べ物を食べた際には、消化を促進。 
 
さらに脂肪細胞の中に入って、脂肪の分解を促進してくれるので、脂肪酸が血液中に出てきやすく、 
コーヒーを飲んだ後に運動をするとヤセやすくなります。ただし運動しなくては効果はありません。 
 
特徴2:ポリフェノールが含まれている 
苦みの成分はポリフェノールといって、体の老化や病気を予防するために役立つ成分です。 
ポリフェノールは一般に動脈硬化を抑えたり、ガンを予防するのに役立ちます。 
そのため、子宮体ガンや女性の大腸がんの発生リスクを低減できる、という報告も。 
また、肝炎や糖尿病予防にも有効な他、1日2杯でシミが減るなどの報告も多数あります。 
 
薬効成分は体の毒にもなりうる!? 
こうしたコーヒーの好ましい作用は一般的な薬と同じように、裏を返すと悪い作用にもなり得ます。 
例えば、コーヒーに含まれるカフェインは、体を活性化させるいっぽうで、 
不眠や動悸、偏頭痛などを引き起こしたり、血圧を上げるといった作用も併せもつのです。 
また胃散を分泌させるということは、空腹時に飲むと胃痛を引き起こす原因にもなります。 
1日にコーヒーを4杯以上飲む人は、そうでない人に比べて死亡リスクが高くなる、という報告もあるほど。 
さらにアメリカでは、カフェインとアルコールの相互作用による死者まで出ているのです。 
 
【まとめ】 
 
健康のために「わざわざ」たくさん飲む必要はありません。特に、何らかの病気が既にある人に 
とっては意外な落とし穴となる可能性もあります。健康な人でも、1日1〜2杯程度を目安に、 
上手に付き合いましょう。ちなみに、コーヒーに砂糖や質の悪いミルク・クリームを入れて 
飲むことを長期的に続けるとかえって不健康になるので、注意してくださいね。 
 
引用:諸説あるコーヒー。実際のところ、体にいいの? 悪いの? DoctorsMe(ドクターズミー) 


ネタ元/【生活】「健康のために沢山のまなくていい」お医者さんが教える、コーヒーのウソ・ホント
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1411692173/

続きを読む
posted by シュエットシヤン at 18:00| Comment(0) | 食文化まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。